×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

審査通らない 借りれる

ブラックでお金貸してくれない

審査通らない 借りれる

審査通らない 借りれる 関連記事
エイワで借りれない人


ブラックでお金貸してくれない




審査落ちの理由は何?大手がダメなら中小消費者金融へ

エイワで借りれない人
大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちは良くあることです。
こんなことを言ってしまってはダメかもしれませんが、もし多重債務者であれば、審査落ちの確率が高いということです。
全体の審査通過率が50%未満の大手消費者金融、30%未満の銀行カードローン。
この数字からも、審査落ちのほうが多いというのも納得できるかもしれません。

カードローン申込時の信用情報
たまたまその時の信用情報で事故があった。
多重債務なら1つでも減らして申込をしたら借りられたかもしれない。
そんな環境の方も多いです。
消費者金融にしても銀行にしても、返済できるだけの収入があり、信用情報の内容が良ければ審査は通ります。
それが、消費者金融なら総量規制と他社借入件数の多さや銀行カードローン審査でも返済ができないと判断されることで、審査落ちになります。
債務整理者に関しては、所定の年数を越えていないことが直接に原因です。
もし、他社借入件数がゼロだとしても、審査は通らないのです。

事故情報でも審査通過
それがブラック対応の中小消費者金融おすすめです。
原則的に、総量規制と収入があれば、多少の金融事故があっても、総量規制範囲内のキャッシングができます。
自己破産等の債務整理も1年以上の経過で審査対象になるという甘い審査が評判です。
ですから、どうしても今お金が入用で、信用情報機関の事故があるとしても中小消費者金融の申込は有効です。
ちなみに審査通過率は70%台になります。
大手消費者金融では申込者の審査落ち理由は公表しないのですが、たいてい2社以上の多重債務者、返済負担率が高い等が審査落ちになるとされています。
金融ブラックでも対応する中小消費者金融では、4社程度で総量規制の利用限度額ギリギリのキャッシングができるところが多いです。

老舗消費者金融会社も多い
多くのブラックに融資をしてきた老舗消費者金融も中小消費者金融には多く含まれています。
さまざまな事情を抱えるブラック対応ですが、総量規制や収入に関しては特別うるさいです。
返済能力が認められることで、借りれるのですが、それは信用情報の数字として現れることになります。
一応審査してみないとわからないのですが、今キャッシングをしても返済ができると自信がある方は、中小消費者金融の申込は検討してみると良いでしょう。
しかし、半分投げやりで、なんとかなるさ、では撃沈します。
審査通過率70%ということは3割は審査落ちということですから、絶対に借りれる保証はないのです。

ブラックでお金貸してくれない



▲TOPにもどる



申し込みブラックの悲劇

エイワで借りれない人
信用情報の金融事故の1つに申し込みブラックがあります。
これは、単純な事故であり、交通事故で言うのなら、電信柱に自分から突っ込む単発事故です。

申し込みブラックとは?
お金を借りたいときに、大手消費者金融や銀行カードローンに申込をすることが多いと思います。
その時にプロミスで審査落ち、待てよ?もう一回プロミス、審査落ち。まだまだと数回の申込をしたり、今度はアイフル、次にモビットと言うように立て続けに申込をする場合です。
銀行カードローン審査も楽天銀行、イオン銀行、三井住友銀行カードローンにと申込をしたり、クレジットカード会社も同様です。
この申込は簡易審査ではなく、氏名も入れる本格的な申込の場合です。
とにかくたくさん申込をして、すべて審査落ちの場合は申し込みブラックとして個人信用情報機関に報告がいきます。

あなたは申し込みブラックでした
中小消費者金融では担当者が大手消費者金融審査落ちの理由を教えてくれる場合があります。
申し込みブラックは、半年間はブラック状態が続きます。
もし、最初のプロミスで諦めていたのなら、普通のブラックです。
何かしらの原因が解決したのなら、プロミスでのキャッシングができたかもしれません。
申し込みの時点の金融事故が何であれ、新たに申し込みブラックという事故を作ってしまう。
電信柱に自ら飛び込んだ始末が、申し込みブラックなのです。

金融ブラックと申し込みブラック
同じブラックですが、信用情報では申し込みブラックは、安易なキャッシングをしたい人と判断されてしまいます。
動機はどうあれ、何度も繰り返して申し込みをしたり、時には年収や他社借入件数をごまかす方法で申し込みを繰り返すのは、大きな事故になります。
しばらくの間大手消費者金融業界では、ブラック扱いが続きます。
カードローン会社では、個人信用情報機関はつながっていますから、どこがで起こした金融事故に関しては、情報を共有して審査落ち作戦に出ます。

中小消費者金融の立ち位置は少し違う
原則申し込みブラックだけの審査落ちはないとされています。
利用限度額が余裕があり、返済できる収入証明書があれば、小口融資ですが、数万円からのキャッシングができます。
金融事故の理由で、深刻な金融トラブルだとしても、審査基準は甘いです。
勤続年数も1年未満でも良いですし、自己破産後は1年程度のブランクで審査が通ります。
消費者金融系の総量規制範囲内で、複数社の多重債務が3件程度、ここの申し込みで4件目での審査通過の口コミは多いです。
債務整理経験者も借りれると評判になっています。

ブラックでお金貸してくれない



▲TOPにもどる



大手と中小消費者金融の審査基準の違い

エイワで借りれない人
審査は、各金融業者で審査基準が違います。
どうしても通らない場合は、基準を下げることで借りれるのです。
そんな審査基準が低い消費者金融おすすめは、中小消費者金融や街金と言われるところです。

大手消費者金融や銀行カードローンとは違う
何が違うか?というと、他社借入件数、多重債務等の金融事故に関しては寛容だと言うことです。
大手やカードローン会社では、キャッシング規定が厳しく、完済ができない方も審査通過はないです。
しかし、中小消費者金融では返済能力があれば、積極的なキャッシングをしてくれるところは結構あります。
特に債務整理経験者で、現在返済がゼロの方は、金融事故が債務整理だけです。
返済能力があれば、総量規制範囲内キャッシングが楽に通ります。

大手と同じ審査基準も存在
それが収入があることと利用限度額が年収3分の一の総量規制範囲内であることです。
これは消費者金融では大手も中小も共通した審査基準です。
ですから、専業主婦は消費者金融の利用ができません。
無収入、年金生活者、会社での在籍確認ができない収入等は消費者金融審査基準では審査落ちです。
申込者は必ず収入があり、利用限度額は厳守のキャッシングしかできないようになっています。
銀行カードローンは総量規制対象外ですが、最近では以前ほどワイドな利用限度額ではないといいます。
ここは専業主婦もOKですが、利用限度額は低いです。

個人信用情報機関の内容
金融事故は、他社借入件数が多い多重債務者、債務整理者などですが、細かく言うと延滞者や過去の長期延滞も、強制解約、弁済記録等があります。
過去に起こした金融トラブルは、数年間は影響を与え続けます。
しかし、10年間ほど何もせずに放っておくと、普通の大手消費者金融も銀行カードローン審査もすんなり通ります。
金融トラブルのブラックリストはすっかり更新され、ホワイトリストになります。
しかし、住宅ローンの場合は、このホワイトリストの掘り起こしがありますが、キャッシングに関しては、喪明けホワイトリストとして、審査通過が簡単になります。
今も、審査落ちで10年間の我慢。
できれば良いのですが、そう簡単なことではないでしょう。

中小消費者金融ではよほどひどい信用情報の内容ではない限り、小口融資ができます、
とりあえずそれで我慢するか、中小消費者金融も審査落ちになれば債務整理をするしかないでしょう。
債務整理後は数年後、中小消費者金融での借り入れができようになります。
10年間のホワイトリストとは行かないのですが、一応自己破産後でもキャッシングができます。
今回はそれで手を打とうじゃないか。

ブラックでお金貸してくれない



▲TOPにもどる



最初から中小消費者金融でという選択

エイワで借りれない人
キャッシングは中小消費者金融が便利。
そういうのは、債務整理者などです。
すぐに借りられるし、審査も甘い。
大手消費者金融より少し金利は高いけれど、返済できる範囲内であれば極端な高さではない。

ある中小消費者金融ユーザーの体験談
この方は、大手消費者金融に申し込みはしたけれど、個人信用情報機関の内容で審査落ちの理由があったようです。
しかし、告げられることなく審査落ちの報告ですぐに中小消費者金融に行ったそうです。
無事に審査通過後、担当者にどうして大手消費者金融の審査落ちになったかを聞いてみると、2社の多重債務者だったからでしょう。
総量規制の範囲内だけど、あの大手消費者金融では3社の多重債務者は審査落ちだからということだそうです。
そこの中小消費者金融の金利は大手消費者金融と1%も変わらないところでした。
2回返済したあとで、まとめローンと増資の相談がきたそうです。
2件の多重債務者のまとめローンでも増資もいいよ、ということです。
大手消費者金融審査落ちで落ち込んでいたなんて嘘みたい。
今は気軽なキャッシングライフを楽しんでいるとのことです。

中小消費者金融でもいいんじゃない?
キャッシングは大手も中小消費者金融もそれほど違いがないのです。
大手の審査基準では、他社借入件数がうるさいですが、中小消費者金融は総量規制範囲内であればOKです。
申込者の収入にもよりますが、返済能力があればたいてい審査は通ります。
3社の多重債務が金融事故だなんて、中小消費者金融はそんな見方です。
まとめローンですが、金利が低く総量規制対象外のキャッシングです。
複数社のローンを1つにしてしまうことで、返済日も1回、金利が多少低くなれば返済負担も小さくなります。
中小消費者金融では比較的高い金利になりますが、シミュレーションをした上で判断されることをおすすめします。

最初から中小消費者金融の選択
大手消費者金融でも借りられる方なら、中小消費者金融で即日融資とあるキャッシングなら確実に借りることができます。
中小消費者金融の即日融資は、原則ブラックではない方を対象にしていて、信用情報で問題がない方のキャッシングはほぼ大手消費者金融と同じです。
金利も低いところで言えば、大手消費者金融と上限金利が同じ所もあり、いっそのこと最初からの中小消費者金融の申込もお勧めです。
また、完済することで、増資が消費者金融から勧められることがあります。
これは、総量規制以上の借り入れが完済の信用でできることであり、大手消費者金融ではない配慮です。
ただし、信用情報で金融事故なし、大手消費者金融でもすんなり審査通過する方対象の特典です。

ブラックでお金貸してくれない



▲TOPにもどる



ブラック対応の中小消費者金融でも審査落ちはある

エイワで借りれない人
大手消費者金融での多重債務者で、審査に通らない方にお勧めなのが中小消費者金融の利用です。
金融事故のあるブラック対応で、個人信用情報機関の内容では即日融資もありです。

キャッシングをなんとかしたい方へ
大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちは、審査基準に合わないからです。
ハードルが下がる中小消費者金融では、申込者のブラックでも借りれることがあることで評判です。
また、まとめローンにすることで、多重債務そのままをまとめることも可能です。
その審査も中小消費者金融なら甘いです。
信用情報での事故があったとしても返済能力があり、まとめローンなら総量規制対象外になります。
中小消費者金融は金利が高いとされていますが、まとめローンでは金利が低くなる場合もあり、総返済額によっては、全体の負担が小さくなる場合があります。
ただし、金融業者によっては、中小消費者金融のまとめローンのシミュレーションを次第では、そうならない場合もあります。
必ず確認をすることです。

金融事故とは何ですか?
中小消費者金融でも審査落ちの金融事故があります。
それは無収入と延滞です。
無収入は、どうしたって返済能力を証明することができません。
専業主婦だけは、配偶者貸付制度がある会社なら、配偶者の年収3分の一を総量規制として、最大50万円程度の借り入れができます。
ブラックだとしても、規定の範囲のキャッシングができる可能性があります。
延滞者は、申し込みの段階で審査落ちです。
ブラックの中でも最も信用がない内容で、自己破産等の債務整理よりも事故情報として重たいものです。
ですから、現在収入証明書が出ない、延滞している多重債務者は、中小消費者金融でも借り入れができないとして、申し込みもしない方が良いでしょう。
カードローン会社、クレジットカード会社などの個人信用情報機関は共有されているので、どこかの延滞はバレてしまいます。
ごまかしの申し込みも絶対に不可能です。
中小消費者金融でも審査落ちは他にもあります。
債務整理経験者もOKですが、債務整理から1年以上のブランクは必要です。
また、収入があるとしても転職したばっかりだったローンカードを5枚以上駆使している多重債務者は審査通過は難しいでしょう。

クレジットカードの現金化
クレジットカードのショッピング枠の現金化もあります。
これは消費者金融は無関係で現金化業者ですが、法律的には違反行為です。
もしクレジットカード会社に現金化の事実が分かれば、信用情報のブラックになります。
また、途中でショッピングの返済ができないとなったときには債務整理もできないことになります。
完済ができる可能性があり、信用情報的にも良いことではないので、あまりお勧めできません。

▲TOPにもどる

ブラックでお金貸してくれない